夫婦

家探し・注文住宅建設中に増える夫婦喧嘩の原因。夢のマイホーム計画中なのに...我が家の実話と対処法。

投稿日:2018年12月16日 更新日:

家探しで増える夫婦喧嘩。なぜ?対処法は?我が家の実際にあった喧嘩の話。

新しい家探しは夢があり、とても楽しい反面、すごく疲れます。いくつも土地を見に行ったり、メーカーをまわったり。そして家では、お金の相談が続く日々

疲れてくると増えるのが夫婦喧嘩です。うちもしょっちゅう喧嘩しています。大きな声で怒鳴りあうような喧嘩にはならないけど、ピリピリした話し合いに展開することが多くて、さらに疲れます!

家という大きな買い物をするのだからお互いに真剣だし、不安もあるのはわかるけど、なんでこんなに喧嘩になるんだ⁉︎と不思議に思います

できれば楽しく毎日を過ごし、家探しも楽しく進めたい。だから私はなぜ喧嘩になるのかを探り、なるべく夫婦で円満に進められるように気をつけています。その結果、喧嘩は減り、今は真剣に話し合うことはあるけど、言い合いになったり、長くピリピリすることはなくなりました。

この記事では、家探し中の夫婦喧嘩について、原因と対処法を書いています。家探しの疲れからくる夫婦喧嘩でお悩み中の方のお役に立つはずです。

こんな方におすすめ

  • 家探し中に夫婦喧嘩が絶えない
  • なぜ夫婦喧嘩になるのか原因を知りたい
  • 夢のマイホームを計画しているのに喧嘩ばかりで嫌になる

なぜ家探し中に夫婦喧嘩をしてしまうのか

なぜ家探し中に夫婦喧嘩をしてしまうのか

喧嘩をしたくてする人はあまりいないと思います。誰だって仲良くしたいはずなのに、なぜか喧嘩になってしまう。まずはその原因を探ってみましょう。

家探し中の夫婦喧嘩の原因1.意見の食い違い

家を建てるときは、土地を決めたり、ハウスメーカーを決めたり、その他にも細かいことをたくさん決めなければなりません。その度に、夫婦の意見がぴったりと一致すれば何も問題はないのですが、どうしても意見が合わない時はでてきます。

そのときに、あまりにお互いに意見を押し通そうとすると言い合いに発展します。

こないだも私が良いと思った土地を、夫に一刀両断されてムッとしちゃいました。夫としては理路整然としたもっともな理由があって否定しているのですが、あまりにスパッと言われると腹が立つんですよね〜。

家探し中の夫婦喧嘩の原因2.時間が合わない

家を建てるためには、かなりの量の時間を費やさないといけません。休日ごとに打ち合わせや土地探しに出かけるのはもちろんのこと、いろんな相談をするために、夫婦で話し合う時間がたくさん必要です。

でも!夫が仕事が忙しくて土日は一緒に行動できなかったり、話し合う時間もろくにない…なんてことはしょっちゅう。そういうとき、イライラしてしまい、険悪なムードになってしまうのです。

私から見たら、仕事が忙しくて休めないのはわかるけど、少しくらい融通できるんじゃないの?と思ってしまいますが、そう簡単には時間を作れないみたい。

家探し中の夫婦喧嘩の原因3.注文住宅は決めることが多く、時間がかかる

注文住宅は1から全てを決めないといけません。だから業者との打ち合わせの回数も多いし、自分たちで決めないとならないことが盛りだくさん!正直ヘトヘトになります。

その大変さから、お互いに疲れてしまったり、イライラが募って喧嘩に発展することも。

家探し中の夫婦喧嘩の原因4.大きな買い物へのお金の不安

家を建てるには大きなお金が必要です。今までに経験したことのない金額を使うわけですから、誰でも不安になって当然です。

特に男性は、家族を養わなければならないという責任を感じてる人も多いので、余計に不安は強いのかもしれません。さらにうちは、私がどんぶり勘定で夫は細かいタイプなので、余計に不安になるみたいです。

不安が強くなるとイライラしやすくなるし、心の余裕がなくなり、お互いへの優しさが減ってしまう。その結果、お金の話し合いをしているときに、ついぶつかってしまうのです。

家探し中の夫婦喧嘩の原因5.夢のマイホームへの期待が大きい

夫婦二人で夢に見た家を家を建てる!そこにはものすごい期待が含まれています。

人は期待しているものが大きければ大きいほど、思うように進まないときにがっかりして苛立ってしまうのです。

家探し中に夫婦喧嘩をしないための対処法

なぜ家探し中に夫婦喧嘩をしてしまうのか

原因がある程度わかった後は対処法を考えましょう。夫婦喧嘩の原因は、いくつかあっても対処法はは2。それは、思いやりをもつことと、自分の気持ちを素直に伝えることです!これは簡単なようだけど難しいんです。

思いやりをもつとは?

喧嘩になる原因にあげた、意見の食い違いも、時間が作れないことも、不安になることも、根本には「良い家を建て、家族で幸せになりたい」という希望があります。それは夫婦で同じ希望のはず

自分の思うように進まなくても、相手も同じように悩み、イライラし、疲れています。まずはそこに共感します。

共感は言葉にしなくても良くて、一人の時に相手の気持ちに想いを馳せるだけでもいいと思ってます。言葉にして伝えたら、より良いとは思うけど、私は恥ずかしくてなかなかできません。想いを馳せるだけでも相手の考えを汲んで考えられるようになり、自然とこちらの態度は変わるものです。

自分の気持ちを素直に伝える

私の経験では、喧嘩になってしまった時は、私が考えていることがきちんと伝わってない時がよくあります。話したつもりでも伝わっていなかったり、勘違いされてしまったり。

喧嘩になると、冷静にはなりにくいので、ああだこうだと言い合いになるけど、ちょっと落ち着いて話せるようになると、「あれ?そうだったの?」なんていう風に、お互いの勘違いに気づくことがよくあります。その度に、だったらこういう言い方を最初からしておけばよかった〜と反省しています。

夢のマイホーム計画中の実際にあった喧嘩の話

なぜ家探し中に夫婦喧嘩をしてしまうのか

先日も夫婦で言い合いになったのですが、それは私が夫に確認を取らずに、不動産屋と話を進めたせいでした。

そもそもは、夫が仕事を休めなくて毎日忙しそうで、なんかピリピリしているので話しかけにくい日が続いていました。そういうとき、私はつい近寄らないようにしてしまうのですが、夫的にはそんな私の行動もイラつくみたいです。

夫がピリピリしてるのは仕事のことなので、私が怒られるわけでもないのに、なんか怖くて避けちゃうんですよね〜。まだ普段なら適当に過ごせるんだけど、土地探しの話をするとなると、お金の話が多くて、夫も不安になるのか余計ピリピリされそうな気がしてしまうんです。でもそれって、全部私の勝手な考えで、夫への尊重とか思いやりが足りない行動だったかな、と後から反省しました。

夫に確認を取らずに話を進めたと言っても、大した内容ではないんです。夫も、その内容とか確認を取らなかったことに怒ってるのではなくて、私が近寄らないようにして大事な話し合いもスルーしようとする考え方が嫌だったと言っていました

じゃあ仕事のイライラを家に持ち込むなよ!とも思いますけど、頑張って働いてくれてるので、そこは私が大きな心で受け止めた方がいいのかなと思ってます。

この喧嘩のときは、私が素直な気持ちを冷静に伝えたことで終わりました。

「私が近寄らないようにするのは大人気ないかもしれないけど、ピリピリされると話しかけにくいし、私が怒られそうで怖い。」

と伝えたらこんな返事が。

「怖がられるのは本望じゃない。仕事の辛さやお金の不安を、お前にもわかって欲しくて、ついピリピリした雰囲気を作ってたかもしれない。」と。

お互いに素直に話せると、優しい気持ちになれるものです^^気持ちをわかり合えた後は、穏やかな雰囲気で土地の話もできました。

家探しのときに増える夫婦喧嘩の原因 まとめ

よく結婚式前に喧嘩が増えるって聞きますが、家を建てるときに喧嘩が増えるのも同じような感覚なんだと思います。

結婚式も家を建てるのも、人生で初めてのこと。そして人生で一度あるかないかの大きな転機。(多い人は何回もあると思うけど。)そんな大切なことだから、誰だってドキドキして楽しみな反面、不安も増えて喧嘩が増えるのも仕方ない

でも、だからこそ、喧嘩をしながら苦い気持ちにばかりフォーカスするよりも、どうやったら前向きに楽しく家を建てられるかを考えた方が、建った家も素敵なものになると思っています。

喧嘩は悪いことではないし、意見が食い違ったりすれ違っても、よく話し合って乗り越えた後は必ず夫婦の絆が深まっていると感じます。言うは易く行うは難しですが、理想の家を建てるために、二人が納得できる選択をしたいものです。






人気の記事

ハウスメーカーで先に予算を言ってはいけない!見積もりを取るときのポイント。 1

ハウスメーカーで家を建てようと思ったら、いくつかのメーカーに見積もりをもらい、検討をする方が大半だと思います。 私もハウスメーカー6社、デザイン事務所1社で見積もりを依頼しました。そしてこの経験から、 ...

ハウスメーカーの選び方。工法、予算、イチオシ、デザインで絞る。 2

「住宅展示場に行くと、どのメーカーの家も綺麗でかっこよくて迷っちゃう!」なんて体験はありませんか? ハウスメーカーはたくさんある中、どうやって1つに決めればいいのか、とっても悩みますよね。 我が家は「 ...

-夫婦

Copyright© Ie Tateppe 土地探しから注文住宅・パルコン奮闘記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.